社労士に依頼する

社労士は障害年金申請をするために裁定請求の代理人として依頼することでサポートをしてくれます。具体的には裁定請求にするにあたっての簡単なものから具体的なものまであらゆる相談や依頼者が受給資格を持つかの確認、年金記録の整備、また消えた年金に関する相談、障害給付裁定請求書や診断書といった申請に必要な取り寄せ、病歴・就労状況等申立書の作成にあたってのアドバイス、年金事務所へ書類提出など手続きの最初から最後までサポートしてくれます。また、自身で申請する際のデメリットである手間がかかること、申請に時間がかかり損をする場合があることを社労士に依頼することでデメリットが発生せずに申請ができます

まずは相談をしてみましょう。自分が障害年金をもらえるのか、障害年金についてもっと詳しく知りたいということから、障害年金をもらうにはどのように動けば良いのかまで様々な相談ができます。初回無料メール相談や着手金無料キャンペーンなども行っている社会保険労務士事務所も多くあり、依頼者とじっくりお話をして障害年金受給に向けて進めます。まずはメールしてみましょう。

また、万が一申請した結果不支給になった場合は報酬は一切発生しないなどの完全成功を目指した制度を取り入れているところもあるのでお近くの社会保険労務士事務所について調べてみましょう。自身で障害年金を申請して不支給になるよりも障害年金の専門家である社労士のもとに訪れて障害年金を受給しましょう。社労士は依頼者のために全面的にバックアップしてくれます。

 

依頼する利点と注意点

社会保険労務士事務所に傷害保険の申請に関する相談の依頼をする場合、どのようなメリットがあるのか、そして注意しなければならない点について説明します。

障害年金申請する際には診断書と申立書の2つの書類が重要視されます。診断書は医師に作成の依頼をしますが、医師は決して障害年金のスペシャリストではないため、認定基準に沿った記載がされていない場合もあります。その誤った記載が申請者自身で気づければよいのですが、なかなか難しいです。また、申立書は申請者自身で書くのは具体性に欠けてしまう場合や診断書との矛盾等が発生してしまう場合が多くあります。

このような結果、本来貰えるはずだった障害年金の額よりも少ない額になってしまうことや、申請が通らなく不支給になる場合もあります。障害年金制度に詳しい社労士はこのような事態にならないためにも、診断書が正確に記載されているかの確認、そして申立書を書くにあたっての要点の整理や的確なアドバイスをしてくださり、尚且つ自身で行うよりスムーズに、そして手早く申請準備をしてくださります。記載にミスをおこさず申請を行えるのが大きな利点です。

社労士が申請依頼者に代わって代理用務をするには、郵送料や事務手数料といったものにより着手金を必要とします。着手金は0円のところもあれば1万円以上のところもあり、社労士事務所によって料金は様々です。しかし、着手金0円のところは別の手数料として料金を要求する場合もあるので注意をしましょう。