社会保険労務士事務所が行う障害年金

社会保険労務士の仕事内容は行政機関に提出する書類の作成や事務手続きやコンサルティング業務の他に、年金相談や代理依頼を行っているため、障害年金の申請に関する相談もできます。また、障害年金を専門として社労士もいます。

障害年金は大変複雑な申請や受給資格があるため、自身で申請をするには医師等に書類作成を依頼する他、書類の作成を自身の疾病に関する状況等を具体的に描く必要があるなど不明な点が多くでてくることかもしれません。また、少しでも早く障害年金の受給を希望している方にとって自身で申請する場合は時間がかかります。そして年金事務所にいっても障害年金申請は難しく、よくわからなかったという方もいます。本当に自分は受給できるのか疑問にも思うかもしれません。

そこで相談先として社労士に相談をしてみましょう。社労士に相談すると、裁定請求の代理人として請求に関する事項をすべてサポートしてくれます。他の相談窓口と比較しても社労士は依頼者側に親身になってくれるのが特徴です。自身で申請する場合と比較しても正確に、そして短時間で申請ができます。また、社会保険労務士事務所によってはまずは無料で相談をしてくださるところもあります。

障害年金は一度申請して不支給になった場合、二度目の申請で支給になるケースはなかなか見られないのが現実です。そのために初めに申請を行う際から社労士に相談をすると良いでしょう。

ここでは社労士の障害年金の申請サポートに関することや、社労士に依頼をするメリットと注意が必要な点をいくつか紹介します。社労士に相談して障害年金を受給しましょう。